Garmin Instinct Esports Edition
Garmin

GPSウォッチ大手のGarminは10月22日(現地時間)、eスポーツ向けのスマートウォッチ「Instinct Esports Edition」を海外発表しました。

名称からも分かるように、ベースとなっているのは2018年に日本でも発売となったInstinct。MIL-STD-810Gの耐熱性、耐衝撃性、耐水性(100m防水)基準をクリアしたタフネス性能を備えたGPSウォッチです。2020年8月には、エヴァンゲリオンとのコラボモデルも発売されていました。

あらたに発表されたEsports Editionは、このInstinctに専用のeスポーツアクティビティ機能が追加されたもの。eスポーツ(ようするにゲーム中)の心拍やストレスを計測し、長期的な傾向分析を提供できるとしています。

これに加えて、PCとBluetooth接続し、専用アプリのSTR3AMUP!を介して、OBSやXSplitなどのストリーミングソフト上に、心拍数やストレスレベル、ボディバッテリーなどの情報をリアルタイムに表示可能です。ゲーム実況などで利用すると、視聴者と一緒に盛り上がれるかもしれません。

なお、バッテリー駆動時間は、eスポーツモードでは最大80時間、通常のスマートウォッチモードなら最大14日間となっています。

米国での299.99ドル(約3万1000円)ですでに販売中です。

source: Garmin