Garmin Venu SQ
Garmin

GPSウォッチの大手Garminが、Suicaに対応したエントリーモデルのGPSスマートウォッチVENU SQとVENU SQ Musicを12月3日に発売します。価格はVENU SQが2万4800円、VENU SQ Musicが2万8800円(ぞれぞれ税別)。11月26日から予約を開始するとのことです。

現行のVENUシリーズはベゼルが丸い形状ですが、VENU SQはGarminのスマートウォッチには珍しく四角い形状。また、エントリーモデルをうたうだけあり、GarminのGPSウォッチの中では手頃な価格となっています。

とはいえ、基本機能はしっかりしており、1.3インチ(240x240)の液晶パネルはタッチ操作対応。各種フィットネス機能はもちろんのこと、心拍数の計測や睡眠計測なども行えます。5気圧防水で、水泳時にも利用可能です。

VENU SQ Musicは、SpotifyやAmazon Music、LINE Musicなどのストリーミング配信サービスの楽曲とプレイリストをローカルにダウンロード可能。最大500曲を保存できるとのこと。

そしてなにより、今回の2機種はエントリーモデルでありながら、Garmin Payでのタッチレス決済とSuicaを利用出来るのが大きな特徴です。

バッテリー持ちはGPSを使わないスマートウォッチモードなら約6日間で、GPS利用時は約14時間。VENU SQ MusicはGPS+音楽再生でも約6時間となっており、フルマラソンでも十分に利用できそうです。

source: Garmin