KDDI、沖縄セルラーは12月24日、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by au」の無料トライアルを終了し、正式版として開始します。

GeForce NOWはゲームプレイに関わるデータ処理をサーバー側で実行し、ストリーミングするサービス。クライアント側の扱うデータは動画やコントローラー情報といった比較的軽負荷なものとなるため、グラフィックスやメモリが高性能でないPCやタブレット、スマホであっても、高級ゲーミングPC並みの画面で処理の重いゲームを遊ぶことができるのがメリットです。


そしてプレーヤー側から見たGeForce NOWの大きな特徴は、他サービスのデジタルストアと連携することで、購入したPCゲームをセーブデータごと持ち込んでプレイが可能な点。対応可能なストアは「Steam」「Epic Gamesストア」「Ubisoft Store」です。

PS4版「サイバーパンク2077」に幻滅し「GeForce NOW」を契約した話+クリア後レビュー


今回のau版GeForce NOWは、サービス基盤を提供するNVIDIAとauとの提携によるもの。なお、日本の携帯キャリアでは、すでに同様の手法によるソフトバンク版「GeForce NOW Powered by SoftBank」が、6月10日より正式サービスとなっています。

となると、気になるのは両者の差ですが、KDDIとソフトバンクが提供するGeForce NOW自体のサービス内容や価格は同じで、現状の差別化のポイントは通信環境のみとしています。


無料トライアル期間ではauユーザー限定となっていましたが、正式サービスではau IDの登録によりauユーザー以外も利用できます。価格は月額1800円ですが、auユーザーは月々300円を割り引きし月額1500円となります。

さらに正式サービスの開始を記念し、「GeForce NOW Powered by au」の公式Twitterにてフォロー&リツイートキャンペーンを実施します。毎週抽選で5名に人気ゲームタイトルのプロダクトコードを無料で進呈します。対象タイトルと期間は下記のとおりです。

  • 2020年12月24日~2020年12月30日……不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス

  • 2020年12月31日~2021年1月6日……STEINS;GATE

  • 2021年1月7日~2021年1月13日……ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期

  • 2021年1月14日~2021年1月20日……AI ソムニウムファイル

  • 2021年1月21日~2021年1月27日……地球防衛軍5

source:KDDI