米NvidiaのGPU「GeForce RTX 3060」を搭載したグラフィックボードが2月25日から米国にて発売されることが、海外メディアにて報じられています。

海外メディアのThe Vergeによると、GeForce RTX 3060搭載ボードは25日の東部時間12時(太平洋時間9時)に、329ドル(約3万5000円)にて小売店で販売されます。なお、Nvidia純正モデルとなるFounder's EditionはGeForceRTX 3060では登場しません。

GeForce RTX 3060はハードウェアレイトレーシングに対応したGPUで、RTX 30シリーズの中では下位モデルに相当します。スペックとしては3584基のCUDAコアを搭載し、ベースクロックは1.32GHzで192ビットのメモリインターフェイスを備え、12GBのGDDR6メモリに対応。また、AIによる高画質化技術「DLSS」にも対応しています。

すでに上位モデルのRXT 3090/3080/3060 Tiなどが発売された後となる、RTX 3060搭載ボードの発売。現在は世界的なチップ不足となっており、それはGPU業界でも変わらず、NvidiaはRTX 2060/GTX 1050 Tiなど旧世代GPUのパートナーへの出荷を決定しています。ただ、近日は暗号通貨の高騰などによりGPUへの需要がさらに高まっており、今回発売されるGeForce RTX 3060を含めたRTX 30シリーズがいつ頃消費者に不足なく供給されるのかは不透明です。

Source: The Verge