engadget

ソフトバンクとKDDIがそれぞれNVIDIAと共同提供しているクラウドゲーム「GeForce Now」の国内版が、Safariブラウザを通じてiOSおよびiPadOSに対応しました。

海外版では昨年11月よりiOSデバイスでも利用可能でしたが、国内版となる「GeForce Now Powerd by SoftBank」および「GeForce Now Powerd by au」では非対応となっていました。

「GeForce NOW」は、ゲームプレイに関わるデータ処理をサーバー型で実行するクラウドゲームサービスです。扱うデータは動画データとコントローラー情報という軽負荷なものとなるため、高性能ではないPCやタブレット・スマホであっても、高い処理能力を要求するゲームを遊べます。一方、処理をクラウドに委ねるために環境によっては大きな遅延が発生する点が弱点となります。

なお、国内版はソフトバンクとKDDIが提供していますが、いずれもキャリアフリーのサービスとなっており、他キャリアのユーザーも利用できます。

Source:ソフトバンクKDDI

関連