スマホコード決済「ゲオペイ」JCBプリペイド式で2020年秋に提供開始

ゲオ店舗やJCBのコード決済システム「Smart Code」加盟店で利用可能

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年05月18日, 午後 07:35 in geo
0シェア
geo smartphone

レンタル店や買取販売店などを展開するゲオグループのゲオペイメントサービスは5月18日、前払い方式(事前チャージ)のコード決済サービス「ゲオペイ(仮称)」を2020年秋から提供開始すると発表しました。

ゲオペイは、スマートフォン上でJCBブランドのバーチャルプリペイドカードを発行し、スマートフォンの画面上にQRコード・バーコードを表示して支払いをする決済サービスです。

年会費は無料で、発行できるのは中学生以上。未成年については保護者同意の上、利用限度額を抑制して運用するとしています。

サービスの開始時にはポイント制度も展開予定で、希望者は対面・オンライン両方のJCB加盟店で利用可能なプリペイドカード(物理カード)も発行できます。

利用できる店舗は、ゲオ、セカンドストリート、ゲオ公式ECサイト「ゲオオンラインストア」、JCBのコード決済システム「Smart Code」加盟店。ただし、JCB加盟店(EC利用除く)でゲオペイを利用する場合、プリペイドカード(物理カード)の発行が必要です。

また同日、ゲオペイの提供開始に向けて、大日本印刷(DNP)の「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム」と、ジェーシービーのQR・バーコード決済システム「Smart Code」を採用し、基本合意契約を締結したことも合わせて発表しています。

geo smartphone

▲ゲオペイ(仮称)サービスのイメージ図

Source:ゲオペイメントサービス


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: geo, payments, cashless, cash, mobile, smartphone, QR code, code, news, gear
0シェア