Google Assitant

Googleが、コードネーム「Guacamole」と呼ぶGoogleアシスタントの機能をテスト中のようです。これを利用すると、アラームやタイマーを停止させる際に、「OK Google」や「Hey Google」などのウェイクワードを利用せず、いきなり「停止」などと指示できるようになります。

Guacamoleは、Android向けGoogleアプリのベータ版で見つかったもの。ただし、設定が表示されるだけで機能はしていません。9to5Googleによると、この機能は3月上旬から社内向けにテストが開始されていたとのことです。

機能自体は利用できないものの、表示された説明によると、「Hey Google」を言わなくても、クイックタスクを実行可能になります。そのクイックタスクは、いまのところアラームとタイマーの停止・スヌーズ、そして着信通知の応答・拒否があるようです。

アラームやタイマーを止める際、いちいちウェイクワードを言ってから「止めて」などと指示するのは、かなり手間に感じます。この手間が軽減されるのなら、積極的に利用したい機能です。

ちなみに、スマートスピーカーのNestシリーズでは、アラームの停止に関してのみ「OK Google」を言わなくても直接「Stop」でアラームを止められます。ただし、英語でのみ提供されている機能で、日本語では使えません。このため、Guacamoleが正式リリースされても、英語のみとなる可能性が高そうです。

そんなGuacamole、おそらくは5月のGoogle I/Oで発表されるのではと期待できます。英語と同時リリースではなくとも、早い時期に日本語にも対応してほしいところです。

Source: 9to5Google, Android Police