Sucker Punch Productions
Sucker Punch Productions

元寇をテーマに当時の対馬の雰囲気を再現したオープンワールドアクションゲーム『Ghost of Tsushima』に、これまでのDLCおよび新章「壹岐之譚」を追加した『Ghost of Tsushima Director's Cut』が、PS5/PS4向けに8月20日に発売されます。税込価格はPS5版8690円、PS4版7590円。

新章では、壱岐島に元の軍勢が侵入したとのうわさを聞きつけた主人公の境井仁が、島に赴くとの内容。マップやキャラクター、アイテムが大量に新規追加される予定。

新たに対応するPS5版では、カットムービーシーンがリアルタイムレンダリング化され、キャラクターの口の動きも日本語に合わせたものに変更されています。また読み込み時間短縮から3Dオーディオ対応、4K/60fps(最大)対応、Dual Senseコントローラーのハプティックフィードバックやアダプティブトリガー対応など最新機種の持てる力を存分に味わえるようになっています。

すでにPS4版を楽しんだ人はセーブデータの引き継ぎが可能ですが、既存バージョンからのアップグレードは有料になるのが残念なところ。とはいえ満額を支払う必要はなく、PS4→PS4のアップグレード料金は2200円、PS4→PS5なら3300円、PS4ディレクターズカットからPS5ディレクターズカットへのアップグレードは1100円が提示されています(いずれも税込)。

その他、既存版に対しても「ユーザーからの要望に応えて」コントローラーのボタン割り当て変更や、戦闘中のロックオン機能、プレイ中に矢筒を隠す機能などもパッチが提供されることがあわせて発表されました。

なお、既存版を未購入のユーザーは、ディレクターズカット版を発売日までにPS Storeで予約すれば、PS4版の『Ghost of Tsushima』をすぐにダウンロードしプレイできるとのことです。

source:PlayStation Blog