バーチャルオフィスに出社して社員と交流できる「RISA」β版事前登録開始

テレワークで失われてしまった何かを埋めるサービス

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年06月24日, 午前 08:30 in PC
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

OPSIONは6月23日、クラウドオフィス「RISA」β版リリースに先がけて事前登録を開始しました。RISAはテレワーク疲れを解消することを目的としたアバターやバーチャル空間を活用したクラウドオフィスです。利用することで雑談やタバコ部屋など、テレワークで失われてしまった大切なものを離れていても実現するとしています。

PCのブラウザ上で動作し、事前登録した企業は2020年7月以降先行して一部の機能が利用できます。β版で提供予定の機能は下記の通りです。

アバター選択:「男性」「女性」それぞれ10種類から好きなアバターを選択できます。

チャットツール、音声通話機能:ログインユーザー全員でチャットや音声通話が行えます。

会議室機能:会議室に入室すると個別での音声通話が可能。

画面共有:アプリケーションを選択し全体(ログインしているメンバー)で共有可能。

ノック機能:ログインしていないユーザーに対して通知を送ることができます。

関連リンク:RISA事前登録フォーム

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: PC, chat, office, coronavirus, news, gear
0シェア
FacebookTwitter