公道走行可能な電動キックボード販売中止に、改良して再販予定

保安基準に問題がある為

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年06月23日, 午後 04:41 in ev
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

FUGU INNOVATIONS JAPANは6月23日、電動キックボード「FG-ESR002-BK」の販売停止を発表しました。

FG-ESR002-BKは6月上旬からドン・キホーテ系列店舗にて販売されており、当初はバックミラーや方向指示器、テールランプ、ナンバープレートホルダーを装備していることから、ナンバーを取得することで50ccの原動機付自転車として公道での走行が可能とされていました。

しかし23日の発表によれば、のちに公道を走行するための保安基準に問題がある事が判明。ナンバーを取得できても公道走行時に整備不良で取り締まりの対象になる場合があるため、公道走行はできないとしています。

こういった経緯からFG-ESR002-BKは販売停止となりました。公道以外での使用については問題ないのですが、返品を検討している方にはFUGU INNOVATIONS JAPANのホームページか購入した店舗に連絡をするように案内しています。

FUGU INNOVATIONS JAPANは今後、改良した公道対応のキックボードを販売再開する予定があることも合わせて発表しています。法を侵さずに公道を走行できる電動キックボードとして注目されていたFG-ESR002-BKは厳しい結果に終わりましたが改良版の展開に期待したいところです。

Engadget
▲X-SCOOTER LOM

公道走行可能で似たような位置づけの製品としては立ち乗りの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」がMakuakeにてファンディングプロジェクトを展開しています。こちらの販売予定価格は14万9600円(税込み)ですが、プロジェクト期間であれば割引価格にて購入可能です。

関連記事:

公道走行可能な電動立ち乗りスクーター「X-SCOOTER LOM」クラファン開始

ナンバー取得で公道走行可能な電動キックボード、ドン・キホーテにて3万9800円で販売

source:

FUGU INNOVATIONS JAPAN

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ev, news, gear
0シェア
FacebookTwitter