最近のあれやこれやで、おでかけする機会がめっきり減っています。

そろそろおでかけリハビリをしなきゃなぁ。なんて思っていたところ、ちょっとおもしろいガジェットがメーカーさんから送られてきたのでご紹介します。

忘れ物防止タグの「Tile」を内蔵した完全ワイヤレススイヤホン「GLIDiC Sound Air」の「TW-7100」と「TW-5100」です。

さて早速開封。

外箱はシンプルな感じです。EvolutionラインとCasualラインってことなんですね。なるほど。

さてパカッと。イヤピースの予備と充電ケーブルとマニュアルが付属品です。

TW-7100の方はイヤピースは短めのコンフォートタイプとベーシックタイプが付属しています。

TW-7100

まずはTW-7100。アルミケースが高級感あります。イヤホン部分もマット感のあるアイボリー系のカラーリングで高級感があります。

TW-5100

続いてTW-5100。こちらは光沢のあるホワイト。ケースはマット加工のホワイトです。

イヤホンは共に独特の形状となっていますが、こちらは「カナルワークス」の監修となっており、極めてフィット感の良い仕上がりとなっています。カナルワークスは耳型を使った、オーダーメイドイヤホンメーカーといえば思い出す方も多いのではないでしょうか。

このコラボによって実現したフィット感はTW-7100とTW-5100、共通のポイントです。サイズとしては「TW-7100」の方が一回り大きくはあるのですが、実際につけてみると特に大きさを意識したりすることはありませんでした。むしろ、個人的には若干大きいTW-7100の方が、フィット感と遮音性の面で好み。

なお、付属のイヤピースは3サイズで、耳の穴のサイズに合わせた調整が可能です。

聴いてみた

まずTW-7100ですが、原音に忠実な優等生という感じ。中音から高音の表現は非常に良いです。”高そう”で上品な音バランスです。TW-5100もわざとらしさがなく、極めて好印象です。

聴き比べてどっちが高そう? と聞かれたらTW-7100を間違いなく選ぶでしょうが、TW-5100も普段の音楽視聴等で利用するには十分な音質。双方とも低音を効かせまくったタイプのイヤホンではないので、イヤホンはとにかく迫力! という人には向かないかもしれませんが、僕にはどっちも非常に好みの聴き心地。特にTW-7100に関しては、AVアワード「VGP2020 SUMMER」を受賞し、極めて評判が良かった前モデルの後継機。忘れ物防止タグ機能以外の面でも、値段相応の音質をしっかり備えたサウンドガジェットと思っていただいて構いません。

スペックや機能の話

まずは気になるのがバッテリー周り。

TW-7100とTW-5100共に高速充電機能を搭載してます。10分間の充電でそれぞれ3時間、2時間の使用が可能。フル充電だと「TW-7100」は12時間の連続再生、「TW-5100」は8時間の連続再生、ケースと合わせると「TW-7100」は30時間、「TW-5100」は28時間と、こちらも必要十二分。ZOOM等の用途で使う場合、「高速充電」機能は大変助かります。

また、双方ともハイエンドイヤホンでは定番機能になっている外音取り込み機能を搭載。周囲の音を聞きながら音楽等を視聴できる機能です。

また、防水もIPX4ですので通常使用時の汗や水しぶき等は気にしなくて良さそうです。

Tile機能を使ってみた

このTW-7100とTW-5100の特徴は、定評あるGLIDiCとカスタムIEMメーカーの雄カナルワークスのコラボに加え、忘れ物防止タグ(スマートタグ)が搭載されているということです。

搭載されているタグは米国シェアNO.1の探し物トラッカー「Tile」。Tileは日本でもTileアクセスポイントの設置・拡充を推進を積極的に行っています。国内主要都市で約3万台のJapanTaxiタブレット搭載タクシーに設置された事でも話題になりました。Tileアプリを使っているユーザーやこれらのTileアクセスポイントが”落とし物となったTileタグ”を探せるという仕組みです。

Tile機能を使うにはTileアプリからまずイヤホンを登録する必要があります。

登録を行うと、イヤホンをケースから出している時はもちろん、ケースごとどこかにいってしまった場合、レーダーの輪っかで大体の距離がわかるほか、音を鳴らして探すことができるように。

地図上では最後に自分のスマホがTileタグを確認した場所を表示してくれます。また、紛失モードにすることにより、全国のTileユーザーが参加するTileコミュニティで探してくれるというわけです。

東急線全線88駅で「見つかったら通知」可能

さて、常時TileのBluetooth電波を拾うTileアクセスポイントが10月26日より東急全線88駅(こどもの国線:恩田、こどもの国 世田谷線:西太子堂、若林、松陰神社前、世田谷、宮の坂、山下、松原を除く)の窓口に設置されました。これによりTileを取り付けた(または内蔵した)忘れ物が駅の窓口に届けられると、自動かつ匿名でTileアクセスポイントに接続され、忘れ物の位置情報が持ち主のアプリに通知されます。

沿線に住む人にとってはとても魅力的な取り組みです。

Tileのような仕組みを採用した物防止タグは、自分の生活範囲内にどのくらいのユーザーが居るのかで忘れ物をした際の見つかりやすさに大きく影響が出ます。アプリをインストールすれば自分が住んでいるところや勤務先周辺でどれくらいのユーザーが居るのかが確認できるので、購入前にチェックしておくのがいいでしょう。

僕が普段いる場所では、大体1万5000人〜1万6000人のTileユーザーがいるようです。

なお、今回紹介したGLIDiC Sound AirはTile内蔵の製品ですが、忘れ物タグ単体のTileも種類が豊富で、Tile自体で音を鳴らせたり、逆にスマホを鳴らしたりできます、久しぶりの「おでかけ」をする方は、大事なものを落としてしまう前に検討してみてはいかがでしょうか?


「GLIDiC Sound Air TW-7100」

「GLIDiC Sound Air TW-5100」

「Tile」