超音波で動くiPhoneカメラグリップ 税別1万800円で発売

人間の耳に聞こえない音の周波数を発生

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月22日, 午前 10:00 in iOS
0シェア
FacebookTwitter
PICTAR ONE PLUS MARK II J

Glotureは7月21日、iPhone用カメラグリップ「PICTAR ONE PLUS MARK II J」を発売しました。価格は1万800円(税別)で、自社ECサイトにて販売します。

専用のiOSアプリと組み合わせて使う商品で、超音波の周波数で動作する機能を備えます。具体的には、人間の耳に聞こえない音の周波数(18500-20000Hz)を発生させ、専用アプリが認識することで、さまざまなカメラアクションが行えるといいます。

PICTAR ONE PLUS MARK II J

また、iPhoneが手から滑り落ちるのを防ぐため、ハンドグリップが付いています。手袋をつけたままでも片手で撮影できるとしています。

iPhoneとカメラグリップは、Wi-FiやBluetoothを使用せずに接続できるため、バッテリー消費を抑えられるとしています。対応するiPhoneの機種名は開示していませんが、ほとんどのiPhoneに対応するとのこと。

5つの外部コントロールを搭載することに加えて、クリップレンズやLEDライト、 一般的なカメラ用三脚への取付も可能です。

電源はリチウム乾電池で、バッテリー寿命は4〜6か月としています。付属品として、ネックストラップやリストストラップを同梱します。

PICTAR ONE PLUS MARK II J
BLACK、SMOKY WHITE、ROSE GOLDの3色を展開

PICTAR ONE PLUS MARK II J


source:Gloture


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iOS, Camera, Mobile phone, mobile, iphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter