Steve Fecht for GM Defense
Steve Fecht for GM Defense

GMの軍事製品部門GM Defenseが、GMCハマーEVをベースとした軍用車両のプロトタイプを2022年に開発することを明らかにしました。これは"electric Light Reconnaissance Vehicle(eLRV)"と呼ばれるタイプの車両で、直訳すれば電動軽量偵察車、となります。

この偵察車はハマーEVをベースとしつつ、シャシーフレームや搭載するモーター、独自開発のUltiumバッテリーなどを軍用にカスタマイズされます。

米国政府のキャスリーン・ヒックス国防副長官は今週月曜日にGMを訪問し、今後のEV開発計画、特にGM Defenseの国防向けEVの研究開発に関する説明を受けました。GM Defenseの社長スティーブ・デュモン氏はこれを受けて「陸軍はわれわれがこの事業に投資していることに対して期待している」と述べ「eLRVは当初の目的を満たすために再構築されます」としました。

ただ、このプロトタイプはあくまでGM Defenceが開発すると述べただけでの段階であり、まだ米軍がこの車を採用すると決定したわけではありません。米陸軍はこのような車両の可能性を調査している段階です。GMまたはその他の自動車メーカーは、軍から車両の正式な開発要請があれば、それに応えなければなりません。軍の選定は2020年代半ばになる予定です。

軍用EVを開発するとなると、まず最も根本的な問題として立ちはだかるのが、どうやって充電するのか?ということです。戦場で充電ステーションがあると期待することは不可能で、電力網に依存せず、しかも可搬式の充電システムが必要になりますが、デュモン社長は内燃式の充電器を使う考えを示しました。だったら最初からエンジン車で良いのでは?という気はしないでもありませんが、エンジン音がしないEVの静粛性は偵察用途には有効です。デュモン社長は急な出動や修理に対応できる交換式バッテリーも開発の初期段階にあることを付け加えました。

メンテナンス性の面でも、エンジンに比べ単純で部品点数の少ない電動車はメリットが大きく、また台数が多くなればなるほど、やはりCO2排出量の改善にもつながるはずです。やはり最大の欠点である充電時間をいかに短縮するかが、軍用としての正式採用に向けての最重要課題になりそうです。

ちなみに、ハマーはそのルーツをたどれば、もともとはAMゼネラル社が米軍用車両として開発したハンヴィーというクルマをベースに市販化されたのは有名な話。もしハマーEVが米軍に採用されるなら原点に戻ることになるのかもしれません。

Source:CNBC