iPhone Tips

iOS 14では、Gmailを標準のメールアプリに設定できるようになりました。デフォルトアプリとしては、ブラウザアプリをChromeに変更することも可能です。Googleサービスで統一したい人はぜひ設定してみてはいかがでしょうか。

それでは手順を紹介します。 

Gallery: メール管理が楽に?Gmailを標準アプリに設定できますよ:iPhone Tips【iOS 14】 | of 4 Photos

  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan

デフォルトアプリで「Gmail」を選択

デフォルトアプリの変更は「設定」から行います。「Gmail」の設定ページを開き、「デフォルトのメールApp」をタップ。次の画面で「Gmail」を選択します。

iPhone Tips
▲「設定」で「Gmail」をタップ(左)。「デフォルトのメールApp」を選び(中)、「Gmail」を選択(右)

設定すると、たとえば連絡先でメールアドレスをタップすると、Gmailアプリで新規作成画面が開きます。初回だけ「“連絡先”が“Gmail”を開こうとしています」と表示され、「開く」をタップする必要があります。

iPhone Tips
▲メールアドレスをタップ後、初回時のみ「開く」をタップ(右)。Gmailで新規作成画面が開きます(右)

ちなみに、Gmail以外にOutlookもデフォルトアプリに設定できます。変更する場合は同じ手順で設定しましょう。

iPhone Tips
▲Outlookをデフォルトアプリにすることも