GMC、カニ走りもできる「ハマーEV」10月20日に詳細発表。0-60mph加速3秒のスーパートラック

ハマータイム!

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年09月15日, 午後 04:00 in transportation
0シェア
FacebookTwitter
GMC
GMC

米GM傘下の自動車ブランドGMCが、発売を予定している電気ピックアップトラック「ハマーEV」の新たなティーザー動画を公開しました。GMCは数日前にカニをデザインしたハマーEVのロゴマークを公開して「なぜカニなのか?」と疑問を呼んでいましたが、その理由も動画で明らかになっています。

ハマーEVは本来なら5月20日に正式発表される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行によって秋に延期されていました。そしてGMは今週、ようやくその詳細発表が10月20日になると述べています。

またGMは詳細発表の日程を伝えるリリース文で、ハマーEVがハンドル操作に応じて前輪だけでなく後輪も向きを変える四輪操舵(AWS)機能を搭載、車体は前を向いたまま斜め方向に移動する「Crabモード」いわゆるカニ走りができることを明らかにしています。この機能はオプションとして用意されるとのこと。

またあわせて公開された動画ではカニ走りの様子はもちろん、ハマーEVを上空から撮影したカットから、着脱式ルーフを取り外した様子、足下のアップなどが映っており、実車の一部エクステリアデザインを垣間見ることができます。

source:GM

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: transportation, GMC, GM, Hummer, Hummer EV, ev, electric vehicle, Electric car, electric truck, covid-19, coronavirus, news, gear
0シェア
FacebookTwitter