8型ゲーミングUMPC「GPD WIN Max」国内予約が6月1日から開始

発売は8月下旬~9月の予定

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月26日, 午後 07:01 in gpd
0シェア
FacebookTwitter
GPD WIN MAX

ここ数年で、かなりの機種が発売されている7~8インチのUMPC。そのはしりであり、ゲームパッドを持つゲーミングUMPCというジャンルを築いている中国GPDの最新モデル「GPD WIN Max」の国内予約が6月1日から開始されます。価格は9万2360円(税別)。

このGPD WIN Max、5月18日から海外クラウドファンディングサイトIndiegogoで先行予約が始まったばかり。このため、予約は6月1日~6月30日まで受け付けられますが、お届け予定は8月下旬~9月の予定となっています。

キーボード上にゲームパッドを備えたGPD WINシリーズの最新モデルで、画面サイズが8インチ(1280x800)に大型化。CPUも第10世代のCore i5-1035G7になっています。RAMは16GBでストレージは512GB。M.2 2280 SSD(NVMe)で換装が可能です。

GPD WIN Max

特徴であるゲームパッドは、XInputに対応。切り替えスイッチによりマウス操作にも使えるほか、タッチパッドも搭載しています。もちろん、ショルダーボタン(L1/L2、R1/R2)にも対応しています。

インターフェースはUSB Type-CにThunderbolt 3、UAB-A(3.1) x 2、HDMI。側面には有線LAN用のRJ45も備えます。

GPD WIN Max

Thunderbolt 3により、外付けのGPU BOX(別売)も利用でき、よりゲーミングデバイスらしい利用も可能です。外付けディスプレイを併用すれば、自宅での据え置き環境としての利用も現実味があります。

GPD WIN Max

なお、gpdjapan.comでの予約特典として、Steamのギフトカードが5000円分もらえるとのこと。7月1日以降は、Steamギフトカードが付かず、価格も9万5100円(税別)となります。

source: gpdjapan, atpress

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gpd, umpc, gpd win max, personal computing, mobile, news, gear
0シェア
FacebookTwitter