Google Android
Chesnot via Getty Images

3月23日(日本時間)に発生した、Androidの大規模障害。Googleがこの度、その原因となったWebViewの問題と今後の対策について、あらためて説明を発表しています。

3月23日に発生していた不具合は、WebViewが原因で、一部のAndroid端末でGmailやLINE、ゲームや銀行系アプリなど複数のアプリがクラッシュするというものでした。

今回Googleは、障害の原因はChromeとWebViewの実験・設定技術のバグだったと説明しています。このバグにより、WebViewを利用してウェブコンテンツを表示するAndroidアプリがクラッシュしていたとのこと。これを解決するために、GoogleはChromeとWebViewの新バージョンをGoogle Playを通じてリリースしていました。

また、今後の改善策として、WebViewシステムコンポーネントとその依存関係について、変更管理とロールアウトポリシーを変更します。WebViewには新たにセーフモードを実装し、設定エラーが発生した場合にも良好な状態に戻せるようにするとのこと。

さらに当然ながら、WebViewと関連する依存関係が本番環境に適しているかどうか監査を行い、合わせて実験テストのロールアウトプロセスも改善するとしています。


また、今回の不具合では、Androidヘルプセンサーを通じてガイダンスを提供していましたが、今後、インシデント発生時のユーザーとのコミュニケーションを改善し、影響やその改善策についてパートナーとともにコメントを提供すると表明しています。

Source: Google(PDF)