Google検索がリアルな昆虫の3D表示に対応。Pixelが賞品のAR写真コンテスト開催

応募は8月31日まで

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年07月29日, 午後 04:19 in AR
0シェア
FacebookTwitter

Google
Google

動物・恐竜に続いて、Google 検索が昆虫のリアルな3Dモデル表示に対応しました。

ヘラクレスオオカブトからノコギリクワガタ、テントウムシにヒグラシまで、精緻な3Dモデルを拡大縮小して眺めることができます。Androidでは音声付き。

対応するスマートフォンならばAR表示で目の前に呼び出したり、巨大昆虫と並んで撮影も可能です。

使い方は、iPhone や Android スマホで昆虫の名前を Google 検索する、情報ボックスの「3D表示」をタップするだけ。

さらに「周囲のスペースに表示する」を選べば、ARで目の前に巨大昆虫を呼び出したように表示でき、写真や動画も撮影できます。

Google
Google

対応する昆虫は現時点で約20種。一覧は、

  • カブトムシ

  • ヘラクレスオオカブト

  • アトラスオオカブト

  • ノコギリクワガタ

  • オオクワガタ

  • ミヤマクワガタ

  • タマムシ

  • テントウムシ

  • ホタル

  • アゲハチョウ

  • モルフォチョウ

  • ヨナグニサン

  • カマキリ

  • トノサマバッタ

  • トンボ

  • ミンミンゼミ

  • 周期ゼミ

  • ツクツクボウシ

  • ヒグラシ

Googleではこの昆虫AR表示を使った「Google昆虫AR 夏休みフォトコンテスト」も実施します。

Googleの昆虫AR写真を撮影して、 Twitter に #Google昆虫ARフォトコンテスト とハッシュタグをつけて投稿することで応募する仕組み。

学者やタレント、図鑑編集者といった審査員が審査し、優秀者には Pixel 端末などの景品が与えられます。期間や資格・諸条件はこちら。

昆虫 AR ! 夏休みフォトコンテスト - Google

Google 検索では、すでに動物や恐竜の3Dモデル表示・AR表示に対応しています。

Google検索が恐竜のAR撮影に対応。ジュラシック・ワールドから10種

Google検索の動物3D表示が「物に隠れるAR」対応。ARCoreの奥行き認識でもっとリアルに

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: AR, Google, Google Search, Bugs, photo contest, insects, news, tomorrow
0シェア
FacebookTwitter