年内に配布予定の「Android 12」にて、Googleアシスタントを利用した音声による電源オフ機能が導入される可能性があることを、海外テックサイトの9to5Googleが伝えています。

見出しの画像はGoogle 検索アプリのベータ版から発掘されたもの。これによると、Android 12では電源ボタンを長押ししてからGoogleアシスタントに「電源を切って(Power off)」と話しかけることで、電源が切れるとのこと。

これまではGoogleアシスタントに電源を切るように話しかけても、それはできないと案内されるか、あるいは端末の電源を切る正しい方法を教えてくれるだけでした。なお、電源ボタンとボリュームアップボタンの長押しでも電源オフは可能です。

Android 12では、電源ボタンの長押しによるGoogleアシスタントの起動が可能です。しかしその場合、電源をオフにする方法がなくなってしまいます。Google アシスタントによる音声での電源オフ機能は、そのようなAndroid 12の仕様変更に対応したものだと思われます。

現時点ではこの仕様がAndroid 12だけに反映されるのか、またPixelスマートフォンだけのものになるのかは不明です。ただ、スマートフォンの電源を切るたびに話しかけるのはちょっと億劫な気もしてしまいます。

Source: 9to5Google