Chrome 86リリース。モバイルのパスワードセキュリティを強化

安全でないフォームも警告

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年10月7日, 午後 01:50 in Chrome
0シェア
FacebookTwitter
Google Chrome 86
Google

Googleは10月6日(現地時間)、最新バージョンとなるChrome 86をリリースしました。Android版とiOS版では、Chromeに保存したパスワードのセキュリティ強化が施されています。

Chromeには、保存されたパスワードを暗号化した上でGoogleに送信し、漏洩が確認されているログイン情報のデータベースと照合する機能が備わっています。漏洩が判明した際には、ユーザーにその旨が通知されますが、各サービスでのパスワード変更方法を調べるのに時間がかかることも。

これを解消するため、Chrome 86では、W3Cで標準化作業が行われている Change Password URLsのサポートを追加し、パスワード変更フォームのURLも一緒に通知を行うようになります。これには、オンラインサービス側での対応も必要になりますが、普及すれば、パスワード変更方法を調べる手間は省けそうです。

また、Android版ではデスクトップ版と同様の拡張セーフブラウジング(保護強化機能)もサポートします。ウェブサイトのURLなどをGoogleのセーフブラウジングサービスとリアルタイムに照合することで、フィッシング詐欺やマルウェアの感染などから保護できるというもので、Googleは拡張セーフブラウジングを利用しているユーザーでは、フィッシングサイトでの被害が20%減少したとしています。

Chrome 86
Google

iOS版では、Chromeをデフォルトのパスワードマネージャーに設定し、Chromeに保存したログイン情報を他のアプリやブラウザで利用可能になりました。自動入力する際には、Face IDやTouch IDなどでロックを解除する必要があります。

このほか、安全なHTTPS接続のサイトの中で、暗号化されていないHTTP経由で情報を送信しようとしている場合に警告を表示する機能もデスクトップ版とAndroid版に追加されています。同様に、HTTPSサイトでHTTPを利用したダウンロードも警告が表示されるようになります。現在は警告のみですが、最終的には完全にブロックする計画とのこと。

Googleとしては、制限を厳しくしていくことで、サイト作成者にセキュリティ意識の向上を促す考えです。

source: Google


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Chrome, Google, Android, iOS, security, news, gear
0シェア
FacebookTwitter