米GoogleがChromebook向けに独自プロセッサ(SoC)を開発しているとの情報を、Nikkei Asiaが報じています。

Googleといえば、今秋投入する次期スマートフォン「Pixel 6シリーズ」にて、独自プロセッサ「Tensor」を搭載すると発表したばかり。また米アップルもラップトップに独自プロセッサを投入して成功を収める中での今回のニュースは、大いに注目に値します。

さてNikkei Asiaが3人の関係者から得たとするの報道によれば、GoogleはARMアーキテクチャをベースにしたChromebook向けの独自プロセッサを開発しており、2023年にも搭載製品が販売される見込みだとしています。またチップ開発のために世界各地でチップ技術者の求人を強化し、さらに米インテルやクアルコム、台湾MediaTekなどからの技術者の引抜きもおこなっているとのこと。

また今回の計画の背景には、アップルが独自開発プロセッサ「M1」チップでMacBookやiMacの米インテル製プロセッサを置き換えていることに、Googleが刺激を受けたとも伝えています。

Googleはこれまで自社製Chromebookとして、「Pixelbook」や「Pixel Slate」、「Pixelbook Go」などを投入してきました。そしてもし次期Chromebookに独自プロセッサが搭載されることになれば、OSからプロセッサ、ハードウェアまでを自社で手掛けることになります。このように自社が関わるコンポーネントの比率を高めることで、より独創的な機能を導入したり、あるいはより柔軟な製造計画の遂行が可能になります。

もちろん独自プロセッサの開発には高度な技術と大きな資本や人材の投入が必要となりますが、もし機会があればやらない手はないというのが、大手テック企業の本音なのかもしれません。

Source: Nikkei Asia