Chromecast

最新のChromecastにはリモコンが付属し、Google TVに対応。スマートフォンを使わなくても単体でコンテンツを楽しめるものになっています。そしてGoogleは、少なくともUI周りに関しては、既存のChromecastについても、これに近い体験を提供したいと考えているようです。

米最大の掲示板サイトRedditで、AndroidのYouTubeからChromecastにキャストしたところ、アプリにリモコンが表示され、解像度やキャプションの有無などの調整が可能になり、また、Android TV向けに提供されている「Stats for nerds」が利用出来たと報告されています。Stats for nerdsは、画面上に再生しているコンテンツのビットレートやフォーマットなどを表示できるというものです。

また、動画の再生が終わった場合、通常は次の動画の再生待ちになりますが、Android TVのように次に見る動画の提案が表示されたとのことです。

ただ、一時的なテストであったのか、これが表示されたという人でも一晩経ったら元に戻ったようで、一部ユーザーを対象にしたABテスト以前の段階である可能性が高いです。

スマートフォンで動画を選んでキャストするよりも、テレビの大画面でAndroid TVのようなインターフェースを使った方が一覧性も良く動画を見つけやすくなりそうです。

Source: Reddit via 9to5Google