engadget

Google Playのパートナーシップ担当バイスプレジデント、パニマ・コチカー 氏は4月9日、日本メディア向けの説明会で、現在iOS限定となっている音声SNS「Clubhouse」のAndroid版のリリースに向けて、Clubhouseの創業者と緊密に連携していると明かしました。

コチカー氏は、Clubhouseの共同創業者であるローハン・セス氏とポール・デイビソン氏について『個人的にもよく知っている。2人は一時期Googleで働いていた』とコメント。また『彼らはiOS版をテストアプリのつもりで出したが、人気が出てしまった。今は成長に追いつくのに必死』と述べ、Android版のリリースが遅れている理由を代弁しました。

Clubhouse側はAndroid版の公開時期について、今年3月末時点で「あと2〜3か月かかる」とコメントしており、登場は夏頃となる見通しです。