Photothek via Getty Images

米グーグルは現在配布しているPC向けのバックアップアプリ「Backup and Sync」が、年内に「Google Drive for desktop」アプリに統合されることを発表しました。

これまでグーグルはGoogle Driveへのバックアップ方法として、エンドユーザー向けには「Backup and Sync」を、そしてビジネス向けには「Drive File Stream」を提供してきました。しかしツールが2つに分かれている現状は、管理者やユーザーに混乱をもたらしていたことも事実です。

そんな現状を改善すべく、まずグーグルは先月末に「Drive File Stream」を「Google Drive for desktop」に改名します。

この変更はユーザー側からすると名称が変更されるだけで、機能に変更はありません。動画や写真のGoogle Photosへのアップロード機能も、引き続き利用できます。

6月1日からGoogleドキュメントもストレージ容量にカウントされるようになるなど変化を迎えるGoogleドライブですが、少なくともわかりやすさは向上するようです。

 

Source: Google

Via: 9to5Google