デュアルタッチスクリーンなChromebook、グーグルが開発中の噂

Windowsに続き?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年07月20日, 午後 07:00 in Google
0シェア
FacebookTwitter
Dual Touchscreen Chromebook
Dual Touchscreen Chromebook

米グーグルがデュアルタッチスクリーンを搭載したChromebook「Palkia」(コードネーム)の開発をすすめているとの情報が、海外にて伝えられています。

海外テックサイトの9to5Googleが、開発者向けブラウザことChromiumのソースコードから見つけたとして伝えた今回の情報。それによると、Palkiaのデュアルタッチスクリーンは片方が蓋側に、もう片方がベース部分に搭載されるとしています。

さらにコードでは、Palkiaでは「タブレットモード」がオフにされていることも見つかっています。このことから、Palkiaは通常のラップトップ形状のデバイスであることが想定されます。

ここでWindowsデバイスに目を向けると、米マイクロソフトはデュアルスクリーンを搭載したラップトップ「Surface Neo」や、2画面デバイス向けの「Windows 10X」を発表しています。さらに台湾ASUSからは、2画面ラップトップ「ZenBook Por Duo」が発売されています。

現時点ではPalkiaのリリース時期や仕様、価格を知るすべはありません。しかし2画面スマートフォンやラップトップの流行に、Chromebookが乗ってきたとしてもなんら不思議はなさそうです。

Source: Chromium Gerrit
Via: 9to5Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Google, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents