Spencer Platt via Getty Images
Spencer Platt via Getty Images

Googleの親会社Alphabetの226人の従業員が、労働組合”Alphabet Workers Union”を組織したことを明らかにしました。この組合は「ハラスメント、報復、差別を恐れることなく、従業員が公正な賃金で働くことを保証することを目的としています」と述べ、近年のGoogleで発生した前例のない抗議活動に基づいて構築されています。

多くの巨大インターネット/テクノロジー企業では組合がないか、あっても最小限の活動しかなく、Googleでも幹部によるセクハラ問題やポリシーに反する形での米軍への協力その他の問題に対して抗議をするには、従業員個々が自ら反対の声をあげなければなりませんでした

Googleで結成された組合は、多くの組合とは異なり賃金や労働条件をめぐってAlphabetと団体交渉を行うことを目的とはしていません。それよりもまずは、将来の抗議活動を効果あるものにしうる、より強固な組織にしていくことが考えられています。

組合の代表者であるParul Koul氏とChewy Shaw氏は「私たちと私たちが住む社会に影響を与える決定において、労働者が意味ある発言力を持つ会社になることを望んでいます」とコメント。組合の説明文には組合員は「価値観に一致しないプロジェクトへの取り組みを辞退する自由」があるとし「すべてのAplabet従業員に門戸を開いている」としました。さらに組合は「Googleの労働者の半数は、給与・給付水準が低く、安定性しない臨時雇用者、ベンダー、請負業者だと述べそうした人たちの多くは有色人種の可能性が高いとし、このような不平等を解消していく」とも述べています。

なお、組合結成の報に対しGoolgeの人事担当役員Kara Silverstein氏は「もちろん、従業員は私たちがサポートする労働者としての権利が保護されています。しかし、我々はこれまでどおり、すべての従業員と直接関わり続けます」とし、組合を通した交渉などは受け付けないとも取れるコメントを出しました。

source:Alphabet Workers Union
via:Reuters