Google Expenditions
Google

Googleは11月13日(現地時間)、教育向けのVRコンテンツを提供しているExpenditionsのサポートを終了すると発表しました。アプリも2021年6月30日以降、ダウンロードができなくなります。なお、提供されている360度ツアーなどのコンテンツのほとんどは、無料で利用出来るArts & Cultureに移行され、引き続き利用出来るとのことです。

Expenditionsは、2015年に発表された教育向けのVRツール。スマートフォンを組み込むCardboardを利用することで、史跡などのVRツアーや、竜巻など蜂の巣などの3Dオブジェクトをあらゆる角度から観察できるというものです。

基本的に教育現場での利用を想定していたものですが、昨今のオンライン授業化の流れを受け、VRヘッドセットがすべての学生が常に利用出来るとは限らない状況に。このため、誰でも無料で利用出来るArts & Cultureへにほとんどのツアーを移行し、それに伴いExpenditionsのサポートを終了します。

Arts & Cultureは、美術・芸術作品や、世界中の史跡などを鑑賞できるサービスです。もともとVRやARでの体験が可能なコンテンツも多く、AndroidとiPhoneのほか、WEB上からも利用出来ます。

Expensitions終了の背景には、コロナ禍によるオンライン授業化だけではなく、Google自身がCaedboardなどスマートフォン向けVRや、VRコンテンツの開発から手を引いているということもありそうです。

なんにしろ、サービスが打ち切られずに、誰でも簡単に見られるようになるのは、歓迎したいところです。

source: Google