Fitbit

Googleがフィットネストラッカー大手のFitbitを約21億ドルで買収すると発表したのは、2019年11月のこと。しかし、その買収は、Fitbitのウェアラブルデータを広告目的に転用するのではないか、またデジタルヘル分野での競争を阻害するのではとの懸念により、規制当局からの最終的な承認が得られていない状況です。

この懸念を払拭するため、GoogleはEUの政策執行機関である欧州委員会に対し、譲歩案を提示したとReutersが伝えています。

それによると、Fitbitが取得したデータを広告目的に利用しないという誓約を行ったとのこと。この内容自体は7月に提示していたのと同じものですが、これに加えてデータ利用の監視強化も提案しています。

また、GoogleはReutersへの声明の中で、Androidで他のウェアラブルメーカーをサポートするとともに、Fitbitユーザーが必要に応じて、APIを介してサードパーティのサービスに接続できるようにすると正式に発表しています。ようするに、サードパーティのサービスも、Fitbitユーザーの同意を得れば、そのデータにアクセスできます。

この譲歩により、EUの承認を得られるかはまだ定かではありませんが、欧州委員会は12月23日まで最終的な決定を下す予定です。

EUでの承認が得られても、まだ米国での承認が残っていますが、米司法省はGoogleに対して反トラスト法(独占禁止法)違反で起訴の準備を行っているとも伝えられています。Fitbitの買収完了までは、まだ時間がかかりそうです。

source: Reuters