Jason Lee / reuters
Jason Lee / reuters

Googleが、7月に施行された香港の国家安全維持法への対応として、香港当局からのデータ提出要求に対して直接対応しないと発表しました。Googleは7月に、FacebookやTwitterとともに香港当局からのデータ要求に対する報告を一時停止していました。

今後香港当局はGoogleにデータ提出要求する場合、米国との刑事共助条約にもとづいた外交的な手続きが必要になります。これは米国司法省が間に絡む手続きになるため、処理に数週間から数か月かかる場合もありえます。

6月末から香港で施行された国家安全保障法は、1997年に英国から返還された香港における、2047年までの高度自治を維持する約束だった一国二制度の取り決めを実質的に無効化しました。この法律の施行後、香港の人々はソーシャルメディアのアカウントを削除し始め、TikTokは香港から撤退Naverはデータセンターを国外に移しました

Googleは恒久的に香港当局からのデータ提出要求に対応しないことを決めましたが、FacebookとTwitterがこの動きに追従するかはまだわかりません。とはいえ情勢から判断すれば、Googleと同様の対応以外に良い選択肢があるかを考えるほうが難しそうです。

source:Washington Post