Google、画像検索にファクトチェックラベルを追加。画像が信頼できるかを判別可能に

出所不明の画像は拡散しないように

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月23日, 午後 01:45 in Google
0シェア
FacebookTwitter
Google Image Search

Googleは6月22日(現地時間)、画像検索にファクトチェックラベルを追加したと発表しました。

ファクトチェックラベルはGoogle検索やニュースなどではすでに導入されていますが、画像検索に導入されたのも同様の仕組みを使ったもの。Googleで画像を検索すると、サムネイル画像の下に「ファクトチェック」ラベルが表示されますが、すべての画像ではなく、「独立した信頼できる」情報源(サイト)からの結果にのみ表示されます。

なお、Google検索やニュースの場合と同様に、ファクトチェックそのものにはGoogleは関わっておらず、情報元のサイトの主張をそのまま掲載する形です。このため、ファクトチェックラベルが表示される画像には、その概要とともに、基となったWebページへのリンクも含まれています。

画像は見た目のインパクトがあるため、SNSなどで拡散されやすく、そうとは知らずに偽情報の拡散に協力してしまう可能性もあります。出所が定かではない画像をシェアする場合には、事前に画像検索で確認するようにしたいところです。

source: Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Google, internet, search, web, google images, fact check, Misinformation, fake news, news, gear
0シェア
FacebookTwitter