Googleマップが車椅子対応施設の表示に対応

車椅子対応の経路検索は以前からできました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月22日, 午後 05:00 in accessibility
0シェア
FacebookTwitter
Google Map

Googleは5月21日(現地時間)、アクセシビリティについての啓蒙を図るGlobal Accessibility Awareness Dayにあわせて、Googleマップに目的地が車椅子でアクセスできるかどうかを行く前に知ることができる機能を追加しました。

この機能を有効にすると、Googleマップで場所を検索したときに、車椅子対応の入り口や、駐車場、座席があるかなどが表示されます。また、車椅子対応の入り口がない場合には、その情報をマップに表示するとのことです。

これまでも、検索後にその施設の情報タブを開けば、同様の情報を確認できましたが、今後は検索時に車椅子に対応している施設には、マップ上に車椅子アイコンが表示され、住所や営業時間を同じ階層で実際に対応している設備の確認ができるようになります。

Googleマップはこれまでも、車椅子対応の経路検索が行えましたが、今回の機能と組み合わせれば、出かける際の心配事が大きく減らせそうです。

なお、これらの車椅子対応、バリアフリー対応の情報は自動収集しているわけではなく、基本的には施設オーナーやユーザーからの投稿に依存しています。車椅子対応の情報が不足している場合には、Googleマップ上から簡単に投稿が可能です。

Google Map

車椅子対応の新機能は、設定から「ユーザー補助(Accessibility settings)」にある「アクセス可能な場所(Accessible places)」を有効にすると利用できます。この機能はAndroidとiOSで利用でき、オーストラリア、日本、イギリス、アメリカで順次提供されるとのことです。

source: Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: accessibility, transportation, google, navigation, maps, google maps, news, gear
0シェア
FacebookTwitter