Googleマップ、ARを使った位置情報補正が可能に

スマホをぐるぐる回さなくてもOK

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年07月15日, 午後 05:50 in Google
0シェア
FacebookTwitter
LONDON, UNITED KINGDOM - JUNE 4: Detail of a man holding up an Honor 20 Pro smartphone with the Google Maps app visible on screen, on June 4, 2019. (Photo by Olly Curtis/Future Publishing via Getty Images)
Future via Getty Images

現在位置を把握する上で、スマートフォンのGPSはとても便利ですが、高い建物に囲まれている場合など、GPSが不安定になることもあります。そんなときに目にするが、スマートフォンを8の字に回転させるコンパスの補正。人前でやるのが微妙に恥ずかしかったり、そもそも動かすのが面倒だったりするのですが、これの代わりとして、ARを利用した位置情報の補正が行えるようになりました。

Googleマップの徒歩ナビゲーションで利用出来るARナビ「ライブビュー」の機能を利用するもので、周囲の建物をカメラで映すことで、現在位置を特定します。

Googleマップ上の現在位置を示す青い点をタップするとメニューが表示されるので、その中から「ライブビューと調整」を選ぶとカメラが起動。周囲のARナビの場合と同じく建物などを映すと、現在位置が特定されます。

Google Map

Googleはこの機能のアイデアを2019年2月にブログ記事で紹介していましたが、当時はまだあらゆる天候や状況で使えるようにするため改善が必要だとしており、それがようやく実用段階に来たと言うことができそうです。

いまのところiOSでは利用できず、AndroidのGoogleマップでのみ利用可能です。また、ARを利用するので、すべての端末で利用できるわけではなく、ARCore対応機種に限られます。

source: 9to5Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Google, google maps, Live View, Calibrate, AR, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents