BERLIN, GERMANY - APRIL 22: The logo of the online map service Goolge Maps is shown on the display of a smartphone on April 22, 2020 in Berlin, Germany. (Photo by Thomas Trutschel/Photothek via Getty Images)
Photothek via Getty Images

Googleは12月1日(現地時間)、Googleマップの新機能としてスポットタブ内にコミュニティフィードを追加すると発表しました。いまでもスポットタブでは、周辺の情報やローカルビジネスの更新情報などが表示されますが、コミュニティタブでは、専門家やフォローしている人などが投稿したレビューや写真などを簡単に見つけられるようになるとしています。

Google Map
Google

また、お店やサービスなどをフォローでき、それによりフィード内でフォローしたお店やサービスの最新情報が表示されます。お気に入りのレストランが新メニューを追加した、座席数を減らして店内営業を再開したなどの情報を投稿すれば、それをすぐに確認できるわけです。

Googleによると、コミュニティフィードの初期テストでは、お店やサービス事業者からの投稿が2倍に増えたとしています。各投稿に「いいね」のフィードバックも可能になり、これまでよりもSNSに近い形に変化したとも言えそうです。

なお、、フォローしている店舗やサービスなどの情報からユーザーの好みを学習し、関連した情報や写真なども表示します。たとえば、健康食品や和食に興味を示していれば、それに関連した写真や店舗、サービスなどの投稿が表示されるようになります。

コミュニティフィードはすでに世界中のAndroidとiOSに展開されています。ただ、いつものようにアップデートが行き渡るには時間がかかると予想されるので、機能が使えない場合には数日待つ必要があるかもしれません

source: Google