Google Map
Google

Googleマップの情報は、かなり頻繁に更新はされているものの、小さな店舗の情報や、外観、駐車場の混み具合など、ユーザーからの情報提供に頼らなければならない部分も多くあります。このため、Googleマップをより正確で有益なものにできるよう、Googleが3つの新しい方法を発表しました。

まず、デスクトップ版のGoogleマップで、地図に載っていない道路を報告できるようになりました。サイドメニューから「地図を編集」を選択し、道路があるはずの場所に線を引くことで、不足している道路を追加します。道路の追加以外にも、道路の名称を修正したり、永久的あるいは一時的な通行止めなどを報告したりが可能です。なお、報告したものが即反映されるわけではなく、その情報が正確であるか精査されるとのことです。

また、今後数週間で、Googleマップに「photo updates」という新しい機能が追加されます。これまでも写真の投稿は可能でしたが、新機能ではレビューや評価を残すことなく、短い説明の付いたスナップショットを投稿できるようになります。屋外席の日の当たり方など、より細かな情報を残すことを目的にしているようです。

最後に、コミュニティチャレンジの一環として、10万件の情報を更新することを目的に、Local Loveチャレンジキャンペーンが米国で開催されます。評価やレビューを行ったり、営業時間などの情報を更新することを含め、積極的に地元の情報を更新しようという取り組みです。

米国でのフィードバックをもとに、将来的にはより多くの国で展開予定とのことです。

Google Map
Google

Source: Google