地図サービス「Googleマップ」のアップデートで、高速道路(有料道路)の料金計算機能が追加される可能性があります。

カーナビやナビアプリにとって、有料道路の料金計算はある意味とてもベーシックな機能です。現行バージョンのGoogleマップでは、高速道路の存在を色やルート案内で区別して表示できますが、利用料金の計算、表示までは対応していません。

しかし海外テックサイトのAndroid Policeによれば、Google マップ プレビュープログラムのメンバー向けメッセージで、次に追加される機能は道路や橋、その他の有料道路の料金の自動計算機能だと記載されていたそうです。

実際の動作としては、ユーザーがドライブルートを選択する時点で各有料道路の料金と総額が表示され、時間の節約を優先するか、あるいは料金の節約を優先するかを選択できると伝えられています。

現時点では、この有料道路の料金計算機能はプレビュープログラムであっても利用することはできません。機能の追加時期や展開スケジュールなどは一切不明ですが、もし正式版として提供されれば、Google マップを利用したドライブがもっと便利になることは間違いないでしょう。

Source: Android Police