米グーグルはビデオチャットサービス「Google Meet」へと、動画背景やAIズームを含む複数機能を導入すると発表しています。

Google Meetではすでに自分の背景を静止画で置き換えて、汚い自分の部屋を映さないようにすることが可能です。そして数週間以内に提供される動画背景機能では、教室やパーティー、森などをモチーフとした動画で自分の背景を置き換えることが可能になります。

さらに今後数ヶ月以内には、AI(人工知能)により自分を動画の中心に映す「Autozoom」機能が提供されます。このAutozoomは有料のGoogle Workspaceを利用しているユーザーが利用可能です。

来月からはデスクトップ版のGoogle Meetのインターフェースが刷新され、ビデオパネルをカスタマイズする機能が追加されます。これにより、自分のビデオフィードをグリッドに表示したままにしたり、フロートィングウィンドウとして位置やサイズを変更することが可能になります。また、複数のフィードを固定する設定も今後数ヶ月のうちに提供されます。

Web版では、動画の露出が不足している場合には明るさを自動で調整する機能が追加されます。この機能は、すでにモバイル版とデスクトップ版に導入されています。またモバイル版にて会議に参加する場合には、今月からデータ節約モードが利用できるようになります。

このように、多種多様な機能改善が予定されているGoogle Meet。無料プランでの無制限通話キャンペーンも6月30日まで延長されているので、未経験の方は試してみるのもよさそうです。

Source: Google Cloud