Google MeetがChromecastに対応。大画面での利用が可能に

ただし、マイクやカメラの利用にはPCが必要

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年08月19日, 午後 03:40 in Google
0シェア
FacebookTwitter
Google Chromecast

新型コロナウイル感染症のパンデミックが続く中、ビデオ通話の機会がこれまでになく増加しています。そのビデオ会議を少しでも快適なものになるよう、Google MeetがChromecastに対応しました。テレビなどの大画面でビデオ通話を行えます。

ただし、Chromecastを利用出来るのは、デスクトップ版のChromeブラウザのみで、スマートフォンからは利用出来ません。また、Chromecastにキャストする場合でも、マイクやカメラ、オーディオについてはPCのものを利用します。残念ながら、SF作品に出てくるような、リビングのテレビで気軽にビデオ通話を行うというわけにはいかないようです。

それでも、ラップトップの小さな画面では相手や資料が見えにくいといった場合には、便利に使えるでしょう。複数人が集まっているオフィスの会議室でテレビの上にウェブカメラを設置すれば、全員がPCを用意しなくても、在宅勤務者との間のビデオ通話が簡単に行えそうです。

なお、同機能はすでに展開が始まっており、今後数日以内にすべての人が利用可能になるとのことです。

via: 9to5Google
source: Google

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Google, Meet, coronavirus, covid-19, work from home, video calls, Google Meet, news, gear
0シェア
FacebookTwitter