Google Meet
Google

Googleが、ビデオ通話サービス「Google Meet」の主催者に指定した参加者のマイクとカメラをミュートにし、主催者が許可するまでオンにできなくするロック機能を追加しました。今年初めには、参加者全員を一度にミュートにする機能が追加されていましたが、より細かく制御が可能となります。

この機能、会議に混乱を招く原因になっている参加者に対応するためのものですが、ほかにも、多くの参加者がいる中で、指定した人にだけ発言してほしい場合などに使えそうです。

なお、モバイルアプリでロック機能をサポートしていないバージョンを使用している参加者がロックされた場合、その参加者は会議からは削除されるとのこと。そしてロックが有効になっている会議に参加しようとすると、アプリの更新が求められるとのことです。

ロック機能は、すべてのGoogle Workspaceユーザー、およびG Suite BasicとBusinessのユーザーに提供されます。即時リリースドメインのユーザーは10月21日から、計画的リリースドメインの場合は11月1日から階的に利用可能となります。

Source: Google