モバイル版Googleフォトがデザイン刷新。マップビューも搭載

撮影場所を地図で確認

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月26日, 午後 05:45 in Google
0シェア
FacebookTwitter
Google Photo
Google

Googleは6月25日(現地時間)、モバイル版のGoogleフォトのデザインを刷新すると発表しました。来週からAndroidとiOS向けに提供が開始されます。

大きな変更としては、検索タブの一部として写真や動画を撮影した場所を示す、インタラクティブなマップビューが追加されます。これはGoogledフォトをリリースして以来、もっとも要望の多かった機能の1つだとのこと。現在のGoogleフォトでも撮影場所の名前を表示したり、場所毎にグループ化したりといったことは可能ですが、マップビューでは地図上で写真を探せるようになります。

また、現在の4つあるタブから「おすすめ」がなくなり、「フォト」「検索」「ライブラリ」の3つになります。とくに検索は、サービス開始から時間が経ち、写真ライブラリが大きくなるにつれ、その重要性がましているとのことで、下部中央に配置され素早くアクセスできるようになります。

「フォト」タブでも、表示方法が変わります。上部に1年前や2年前などのサムネールが表示されている「思い出」機能が好評とのことで、年別だけではなく、家族や友人、旅行、先週のハイライトなども追加されます。なお、廃止される「おすすめ」タブにあったコラージュやアニメーションなどの機能も、思い出機能に統合されるとのことです。

最後に、アイコンも変更されます。Googleフォトのアイコンは、もともと子供の頃の思い出や懐かしさを表現するために、風車にちなんでデザインされていますが、風車のデザインはそのままに、よりシンプルなアイコンに変更されます。

Google Photo
Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Google, google photos, photos, Android, iOS, apps, App, photography, internet, mobile, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents