Googleフォトは、画像と動画を無制限に保存できるサービスを終了します。6月1日以降はGoogleアカウントに付属する無料の保存容量(15GB)を消費するようになり、超過分はGoogle Oneの追加容量(100GBで月250円)を購入する必要があります。

なお、2021年6月1日より前に保存した写真と動画については変更の対象外となり、Googleアカウントの保存容量を消費することはありません。

Googleフォトはこれまで、画像や動画を保存する際に「高画質」と「オリジナル画質」を選択でき、「高画質」を選択した場合はアカウントの容量を消費せず、無制限に保存することができました。今回、これが廃止され、GmailやGoogleドライブと同様の扱いになった格好です。

15GB分は無料と聞くと、保存容量に余裕があるようにも感じますが、GmailやGoogleドライブとストレージが共用となるため、他のサービスで容量を消費していると、無料で保存できる枠はさらに少なくなります。

容量節約できる新ツール提供

この変更についてGoogleは『これは決して軽い決断ではありませんでした。また、大きな変化となることはおそらく間違いありません』とコメント。毎週280億もの写真と動画がアップロードされている現状を踏まえ、将来に向けた発展のためにポリシーを変更したといいます。

なお、ほとんどのユーザーは向こう数年間は容量が超過することはないとしつつ、暗い写真や不鮮明な写真などを簡単に見つけ出して削除できる新たな管理ツールを来年6月1日にリリースするほか、今のペースで使い続けた場合、いつ頃容量が超過するかを予測する見積もり機能(外部リンク)も提供します。

Source:Google