Google Photo

Googleは6月、モバイル版のGoogleフォトに地図上で撮影場所を確認できるマップビューを追加しましたが、そのマップビュー内でタイムラインの確認も出来るようになりました。

端末でロケーション履歴が有効の場合、Googleマップ上ではいつどこにいたのかをタイムラインとして表示できますが、Googleフォトに追加されたのもこれと同じものです。

Googleフォトの検索から「自分の地図」からアクセスでき、初回アクセス時には、どのような方法で位置情報を表示しているかのポップアップが表示されます。

Google Photo

地図上には、写真を撮影した場所がプロットされており、拡大すると青いラインで経路が表示されますが、メニューから非表示にすることも可能です。ちなみに青いラインをタップすると「今日の経路」と表示されますが、英語では「Your path on this day」なので翻訳ミスでしょう。いずれ修正されるはずです。

Googleに位置情報を知られるのは、プライバシー的に怖いという人もいそうですが、写真での位置情報記録をオフにしたり、ロケーション履歴を無効にしたりといった対応も可能。位置情報の共有を問題なく受け入れられるのであれば、旅の思い出を振り返る便利なツールとなりそうです。

source: Android Police