Google Chinematic Photos
Google

Googleは12月15日(現地時間)、モバイル版Googleフォトに追加予定の3つの新機能を発表しました。2021年1月に展開予定としています。

まずCinematic Photosですが、これはFacebookにある3D写真のような画像を生成する機能。もとの写真に深度情報が含まれていなくても、機械学習により写真内の深度を予測し、3D表現を行います。この効果を適用する写真はユーザーが指定するのではなく、AIにより選ばれるとのこと。生成されたCinematic Photosはアプリ上部にある「最近のハイライト」表示されるほか、動画として家族や友人に共有もできます。

2つ目は新しいコラージュデザイン。コラージュの作成自体はGoogleフォトにある既存の機能ですが、これまでは単に選んだ写真が並ぶだけのものでした。新しいコラージュデザインでは、AIがレイアウトを行うほか、写真に類似したカラーやフォントを使うなどのアクセントも追加されます。

Google Photo
Google

3つ目は「思い出」の新機能です。「思い出」はアプリ上部に表示されている最近のハイライトや1年前、2年前などの写真が並ぶエリアのこと。ここに良く一緒に撮影する人との写真が表示されるほか、アップロードした写真をもとに夕日などのユーザーが好んで撮影している物や、パン作りやハイキングなどのアクティビティに関する思い出も表示されるようになります。どの写真を表示するかはAIにより選ばれますが、これまで通り、特定の人物や期間を非表示にもできます。

source: Google