米GoogleはPixelスマートフォン向けに、Night SightビデオやPhotoアプリなどのアップデートを実施。暗所動画撮影の対応やロックフォルダー機能などが追加されました。

長時間露光による暗所撮影機能のNight Sightですが、今回のアップデートでは動画撮影にも対応。画面のシャッターボタンを押すと写真と動画の両方が撮影され、その後にフレーム同士をつなぎ合わせたアニメーションが作成されるのです。

グーグルの公式ブログでは、天体撮影のアニメーションを制作する様子が確認できます。なお、この機能はPixel 4以降にて利用できます。

そしてPhotoアプリのロックフォルダー機能ではパスコードによる保護がかけられるだけでなく、デバイス上のローカルストレージとして動作することで、自動で写真がアップロードされることを防ぎます。また、カメラで撮影した写真を直接ロックフォルダーに保存したり、既存の写真をロックフォルダーに移動することも可能です。ロックフォルダーはアプリのユーティリティ項目からアクセス可能です。

その他にも、Digital Wellbeing(デジタル・ウェルビーング)関連機能としてHeads Up機能が追加されました。これは、歩いているときにスマートフォンを使うと頭を上げるように促してくれるものです。また、Google アシスタントに「ヘイグーグル、電話に出て(あるいは拒否して)Hey Google, answer (or reject) call」とお願いすることもできるように。

GBoardのクリップボードでは、URLを含むテキストから電話番号やメールアドレスが貼り付けられると自動で内容を整理するようになりました。また今回のアップデートでは、Google アシスタントによる応対機能「Call Screen」が日本でも利用できるようになっています。

これらの機能はすでに対応端末向けにロールアウトが開始されています。とくにユーザーのプライバシーを守るロックフォルダー機能は、便利に利用できそうです。

Source: Google