Google Pixel
Cherlynn Low / Engadget

Googleが10月20日未明(日本時間)に開催したイベントで、詳細が明らかとなった Pixel 6 シリーズ。独自開発チップ「Tensor」の搭載や、それを生かした画像処理など、注目点はありますが、『ACアダプター』を同梱しません。

Googleはユーザーに対して、別売りの「Google 30W USB-C 充電器」かつ「USB PD 3.0 PPS対応のもの」の使用を推奨しています。

ちなみに、Appleやサムスン電子を中心にゴミの削減を目的として、『電源アダプタ同梱廃止』の流れを作っています。とはいえ、Android端末(一部除く)の多くはUSB Type-Cに統一されており、すでに所有している人も多いはずなので、非同梱で困るユーザーは少数派になるとの見方もあります。

また、同日のイベントでは Pixel 6 シリーズ対応の「Google Pixel Stand(第2世代)」が発表されました。ただし、こちらもACアダプターと同様に別売り。Googleによれば、ワイヤレス充電の場合は Google Pixel 6 を最大 21 W で、Google Pixel 6 Pro を最大 23 W で充電できるとのことです。

日本国内での販売価格は9570円(税込)で、すでに製品ページも公開されています。なお、記事執筆時点(10月20日午前11時過ぎ)では予約が始まっていませんが、長らく品薄状態が続いていた Pixel Stand に新モデルが登場したことは歓迎すべきでしょう(詳細はこちら)


Source:Google


【関連記事】

5分でわかるPixel 6シリーズ新機能まとめ。Tensorでカメラと音声認識を大幅強化

Googleフォト容量無制限まもなく終了、Amazon Photosは乗換先として優秀か検証してみた