ノイキャンが要らないと思わせてくれる Google Pixel Buds 注目の新機能

アダプティブサウンド機能を使ってみました

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年08月18日, 午前 07:31 in Google
0シェア
FacebookTwitter
Pixel Buds

Googleの完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」がいよいよ8月20日に発売されます。本機はApple「AirPods Pro」のようにノイズキャンセリング機能を備えませんが、音量を自動調節する「アダプティブサウンド」機能を搭載しています。どれくらいの精度なのか実機で検証してみました。

アダプティブサウンド機能は、イヤホン本体が周囲のノイズを検知して、音量を最適なレベルに自動調節するというもの。利用するには、Pixel Buds と対応するスマホをBluetoothでペアリングする必要があります。設定メニューにアダプティブサウンド機能の項目がない場合は、別途、Pixel Buds アプリをダウンロードしましょう。

Pixel Buds
▲「Pixel Buds」の設定はスマホから行う。アダプティブサウンド機能は Android 6.0 以降の端末のみ対応する

Pixel Buds
Pixel Buds
▲アダプティブサウンド機能のオン・オフは、AndroidスマホのBluetooth設定画面か、Pixel Buds アプリで切り替えることが可能

Pixel Buds を耳に装着してアダプティブサウンド機能を実際に試すと、音量が穏やかに切り替わるため、違和感どころかアダプティブサウンド機能を使っているような感覚すら感じませんでした。ですが、静かな自宅から騒がしい街中に移動してみると、音量がかなり上がっていることに気づきました。逆に、静かな環境に移動すると音量が極端に小さくなるので、聞き取りにくいと感じるかもしれません。

アダプティブサウンド機能を好まない方は、設定メニューや Pixel Buds アプリからオフに切り替えておくか、Pixel Buds 本体のタッチセンサーを利用して手動で音量調節しましょう。

ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンはアップルやソニーなどが台頭していますが、その多くは2万円台後半〜と高価であることがデメリットと言えるでしょう。一方、Pixel Buds は、ノイズキャンセリングによる遮音効果には及びませんが、アダプティブサウンド機能を使うことで、ある程度の遮音性は確保できると思われます。

Pixel Buds
Pixel Buds
▲Googleによれば、数千人分の耳の形をスキャンして、より多くの人に合うような形状に仕上げたとのこと

また、製品の箱に同梱されるS/M/Lサイズのイヤーピースを使うことで付け心地を微調整できるため、耳の奥までしっかりフィットすることでしょう。『ノイキャンは要らないけれど税込2万円台の完全ワイヤレスイヤホンが欲しい』──という方は、Pixel Buds を検討してみるのも良いかもしれませんね。

Pixel Buds
▲Pixel Buds の付属品

Pixel Buds
▲Pixel Buds は卵よりも一回り大きい


関連記事:


source:Pixel Buds



【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Google, wireless headphones, wireless, Google Pixel, bluetooth, wireless earbuds, pixel buds, news, gear
0シェア
FacebookTwitter