米Googleがワイヤレス充電器「Pixel Stand」の次期バージョンを開発しているとの情報を、海外テックサイトの9to5Googleが伝えています。

Pixel Standといえば、2018年にPixel 3/3 XLとともに登場したワイヤレス充電器。Qi規格による10Wのワイヤレス充電に対応する他、Pixelスマートフォンを立てかけるスタンドとしても使えます。

さらにGoogle アシスタントと連携し、擬似的なスマートディスプレイとして動作したり、あるいはPixelスマートフォンをデジタルフォトフレームのように動作させることも可能です。

そして今回9to5GoogleがAndroid 12のベータ版から発見したのは、Made by Google製品として開発されているワイヤレスチャージャーのファン回転速度を調整するプロファイルです。例えば「ベッドタイムモード」なら回転数を抑え、逆に「パワーブーストモード」では通常よりもファンの回転数が上がります。

このことは、次期Pixel Standにて10Wよりもさらに高速なワイヤレス充電が可能となることを示唆しています。また同時に、次期Pixelスマートフォン(Pixel 6シリーズ)も高速なワイヤレス充電に対応することが予想できます。

Pixel 6ではデザインの刷新や独自プロセッサの搭載が期待されていますが、新たなワイヤレス充電器の登場にも期待しておきましょう。

Source: 9to5Google