Pixel 5ショートレビュー。ミドルクラスへの変更でカメラや使い勝手はどう変わった?

Pixel 4からの買い換えは悩みどころ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年10月15日, 午後 12:00 in pixel 5
0シェア
FacebookTwitter
Pixel 5

10月15日に発売となったGoogleの新スマートフォン、Pixel 5。そのレビュー機をお借りしたので、早速チェックしてみました。といっても、端末を手にしてから、実質1日しか触っていないので、軽めのインプレッションです。

これまでのPixelはその時々のハイエンド仕様でリリースされていましたが、今回のPixel 5に関しては5Gにこそ対応するものの、搭載するSoCはSnapdragon 765Gと、いわゆるハイミドル級に留まります。RAMも他社フラッグシップは12GBを搭載する機種も少なくない中、8GBと控えめです。

これについてGoogleは、PixelはAndroidの最新機能を手頃な価格でユーザーに提供することを目的としており、必ずしもハイエンド指向ではないと説明していました。その意味では、Googleの考える使いやすいスマートフォンは、ミドルクラスでも実現できるようになったということなのかもしれません。

6.0インチのベゼルレスになったPixel 5

Pixel 5のディスプレイは、6.0インチ(2340x1080)の有機ELで、フロントカメラはPixel 4aと同じくパンチホール形状になりました。これに伴い、Pixel 4で搭載されていたSoliレーダー(下記記事参照)や顔認証は非対応に。なお、リフレッシュレートは90Hzに対応します。

ちなみにSoliレーダーに関しては、Pixel 5はパンチホール式のため、物理的にSoliレーダーを載せる場所がなくなっただけで、将来的には復活する可能性もあるとのことです。

Pixel 5
▲パンチホール採用のベゼルレスデザインに

Pixel 4と比較すると、筐体サイズはほぼ変わらない(Pixel 5は144.7x70.4mm、Pixel 4は147.1 x 68.8mm)ものの、画面サイズが大きくなっているのがよく分かります。横幅が若干大きくなっていますが、手に持ってもほとんど違いは感じません。この程度の差であれば、実使用時では装着するケース次第によっても印象が変わりそうです。

Pixel 5
▲左がPixel 4(5.7インチ)、右はPixel 5(6.0インチ)

背面は、従来のガラス素材から、アルミ筐体に。アルミと言っても金属そのものの質感ではなく、表面は樹脂素材でコーティングされているので、手の当たりは柔らかく冷たさも感じません。指紋センサも背面に搭載しています。

Pixel 5

ところで、Pixel 5は金属筐体にも関わらず、ワイヤレス充電に対応します。どうやら、コイルがある一部分のみ別素材になっており、その繋ぎを隠すための樹脂コーティングでもあるようです。

なお、FeliCaも搭載しておりおサイフケータイが利用可能。NFCは指紋センサのやや下側に配置されています(図はGoogleのヘルプページより)。

Pixel 5
▲10が指紋センサ、11がNFC、12がワイヤレス充電

SIMスロットは左下に配置。SIMトレイはnanoSIMのみのシングルトレイですが、別途eSIMも利用可能です。

Pixel 5

USBはもちろんType-C。有線での18W急速充電に対応しています。そして、残念ながら3.5mmヘッドホンジャックは非搭載です。

Pixel 5

4080mAhの大容量バッテリー搭載

バッテリー容量は、Pixel 4から大幅アップして4080mAhに。まだバッテリー持ちがどうなったのかなど、細かい部分は確認出来ていませんが、SoCがミドルクラスになったことも含め、Pixel 4ではやや心許なかった電池持ちはかなり改善されたのではないかと思います。

なお、Pixel 5とPixel 4a(5G)には、新機能として緊急バッテリーセーバー(スーパーバッテリーセーバー)が搭載されています。これは緊急時に必要なアプリのみを利用し、その他のアプリのバックグラウンド通信や通知などを止めることで、バッテリーを長持ちさせる機能で、最大48時間利用可能になるとのこと。

とはいえ、ほとんどの機能が制限されるので、災害時など、本当に緊急時に使うものと考えておいた方が良さそうです。

Pixel 5

このほか、バッテリー関連の機能としては、背面を利用して他のワイヤレス充電(Qi)対応デバイスを充電できるリバース充電に対応します。

Pixel 5
▲Pixel Budsも充電可能。もちろん、スマートフォンの充電も行えますが、出力は低め(5W?)です

設定メニューとしては「電池の共有」が用意されています。こちらはクイックメニューからも利用できます。

Pixel 5

カメラは標準+超広角のデュアル仕様

背面カメラは、12.2MPの標準カメラ(視野77°)と16MPの超広角カメラ(視野107°)のデュアル仕様。画素数こそPixel 4と同じですが、Pixel 4では16MPが望遠だったのに対し、Pixel 5では超広角になったのが大きな違いです。

Pixel 5

他社のカメラがトリプル仕様やクアッド仕様が当たり前になりつつある中、フラッグシップでデュアルなのは、仕様だけ見るとやや見劣りする点ではあります。が、そこはGoogle得意のAIでカバーということなのでしょう。

まだ何枚か写真を撮っただけですが、特に不自由は感じません。

Pixel 5
▲超広角(0.6倍)で撮影

Pixel 5
▲標準カメラで撮影

Pixel 5
▲7倍ズーム、ディテールが甘くなる印象はありますが、スナップ用途なら十分な気も

Pixel 5
▲標準(1倍)で撮影

Pixel 5
▲標準(1倍)で撮影

Pixel 5
▲7倍ズームを使うとマクロ的な撮影も可能

Pixel 5
▲夜間の室内でも綺麗に撮れます

夜景モードも健在です。標準でもそれなりに明るく撮れますが、夜景モードではノイズの量も明らかに少なくなります。

Pixel 5
▲左側は夜景モード。右側は標準撮影

動作に不満はないけど、Pixel 4からの買い換えは微妙

最後に一応ベンチマークもとってみました。AnTuTuの結果は285845とやや低め、何回か計測してみましたが、いずれも29万点を超えることはありませんでした。前世代とはいえ最上位のSoCを搭載していたPixel 4と比べると、数値は下がっています。

Pixel 5
▲左がPixel 5、右はPixel 4

また、90Hzのリフレッシュレートに関して、最近の対抗機で採用されている120Hzに慣れてしまうとスクロールが若干カクカクしているように感じるなど、価格(ミドルクラス)なりの部分もありますが、SNSやブラウザ、ちょっとしたゲームなど、一般的な使い方であれば問題はないはず。

ただ、Pixel 4から買い換える価値があるかというと、判断が難しいところです。5Gに対応しているのが大きなポイントではありますが、現実的にはまだ5Gが使えるのが限定的なスポットのみ。5G目当てに端末を購入する人は少ないでしょう。来年にかけて、徐々に通信可能エリアは広がると思いますが、であれば、来年に出るであろうPixel 6(仮)を待っても・・・・・・という気もしてきます。

もちろんPixel 3や3a、他のミドルクラスからの買い換えや、あるいは初めてのAndroidスマートフォンとしてならお勧めできる機種です。とくにカメラ性能を重視するのであれば、同価格帯の端末ではベストな選択かもしれません。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: pixel 5, smartphone, Pixel, Google, reviews, Review, Google Pixel, google pixel 5, smartphones, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents