Google Play
SOPA Images via Getty Images

Googleは10月21日(現地時間)、Google Playで有料アプリを配信する際に開発者が支払う手数料の値下げを発表しました。対象はサブスクリプションサービスと音楽ストリーミング、電子書籍アプリで、サブスクリプションは初年度から15%、音楽ストリーミングと電子書籍は10%の手数料となります。

Google Playストアの手数料は、7月1日から年間売上が100万ドルまでは15%に引き下げられていましたが、サブスクリプションに関しては、初年度は30%、2年目からは15%となっていました。ただ、これに対し、サブスクリプションの提供元からは、ユーザー離れにより割引の恩恵を受けられないとの声が上がっていたようです。

このため、2022年1月1日からは、すべてのサブスクリプションサービスのGoogle Playストア手数料を初年度から15%に引き下げます。

加えて、音楽ストリーミングと電子書籍アプリに関しては、手数料が10%になります。こちらはGoogle Play メディア エクスペリエンス プログラムの改定によるもの。メディア エクスペリエンス プログラムは、動画や音楽配信、電子書籍などアプリに関して、スマートフォンだけではなく、Android TVやAndroid Auto、Wear OSなどクロスプラットフォームをサポートし、一定の条件を見たいしている場合に手数料を15%にするというものです。このうち、音楽配信と電子書籍に関しては、売り上げの大半をコンテンツコストが占めるということで、10%という低い手数料にするとしています。

GoogleやAppleは、そのアプリストアについて独占的地位を築き、高い手数料を得ているとして反トラスト法違反で調査や起訴が行われています。今回の値下げに関しても、開発者支援以外にも、こうした非難を少しでもかわしたいという狙いもありそうです。

Source: Google