Google Play
SOPA Images via Getty Images

Googleが、7月1日からPlayストアの手数料を年間売り上げが100万ドルまでは15%に引き下げると発表しました。

Appleは2020年11月にApp Storeの手数料を15%に引き下げると発表しています。ただ、Appleの場合は年間売り上げが100万ドル以下のデベロッパーが対象なのに対し、Googleはすべてのデベロッパーが対象です。年間の売り上げが100万ドルまでは手数料が15%、それを超えると30%になり、翌年には再び15%からスタートします。

Googleは、Playストアで販売するデベロッパーの99%が、手数料を50%削減できるとし、その分の資金をエンジニアの採用やマーケティングスタッフの増員、サーバー容量の増加などに使えるとしています。

ただし、Googleは2021年9月30日までにPlayストアからインストールするアプリのアプリ内課金は、Google Playの課金システムを決済方法として利用する必要があるとポリシーを明確化しています。決済を自社サービス経由で行うことで手数料を回避することができなくなりますが、Googleによれば、これが元からの意図である、ポリシーを分かりやすくしただけとのこと。影響を受けるデベロッパーは3%とのことですが、このタイミングでの手数料引き下げは、このポリシー明確化への反発を回避する狙いもありそうです。

なお、今回の変更に関する詳細は、今後数か月以内に共有するとのことです。

Source: Google
via:9to5Google