Google Play Store Rating
Google

Googleは8月23日(現地時間)、Google Playストアでの評価とレビューについて、2つの改善プログラムを実施すると発表しました。

まず11月以降、Google Playストアでの評価の表示を、デバイスが登録された国別に表示するようになります。これは、ある地域で固有の不具合による低評価が、他の地域での評価に波及しないようにするためのもの。また、2022年の初めには、タブレット、折りたたみ端末、Chromebook、ウェアラブルなど、使用しているデバイス種別固有の評価が表示されるようになります。

これらの変更はいずれも、アプリのエクスペリエンスはユーザーの地域やデバイスタイプによって異なる可能性があり、総合評価が必ずしも全体像を示すとは限らないという考えに基づくものです。日本の場合、日本語対応していないからと低評価を付けられることがありますが、そうした理不尽な低評価も他の地域に影響しなくなります。また、スマートフォンでは使いやすいアプリが、タブレットでは最適化されておらず、逆に使いにくいといったこともありえますが、そうしたデバイス別の評価も確認しやすくなるわけです。

開発者側としても、国別、デバイス別の評価を確認しやすくなり、そこに投資するかどうかを判断しやすくなるとしています。

Source: Android Developers Blog